老眼のサプリメントの話や体験談。

メニュー 閉じる

ピントが合うまでに時間がかかったら老眼のサプリメント

目が疲れた時だけではなくて、なんだか最近近くのものを見た後に遠くの方を見るとピントが合うの時間がかかる、もしそう思ったら老眼のサプリメントを始めた方が良いかも知れないですね。

というのも、目のピントを合わせるのに時間がかかるという事は、それだけピント調節機能を司っている毛様体筋と呼ばれるところの伸縮性が落ちてきているからだと考えられるからです。

伸縮性が落ちてくると、だんだんとピントを合わせるのに時間がかかるようになり、最終的には老眼になってしまうんですね。

毛様体筋の伸縮性が落ちるのを防ぐためには、目の運動なども大切な事ですが、体の内側からのケアとして、抗酸化作用のある栄養素を摂ることが大事になってきます。

老化現象は、活性酸素という物質が引き越すことが知られてますが、抗酸化作用のある栄養素はそれを取り除く効果があるんですね。(抗酸化については⇒抗酸化物質と健康 | 海外の情報 | 一般の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

 

毛様体筋の伸縮性が落ちて、目のピントが合いにくくなってきているという事は、活性酸素がその毛様体筋にも発生していることを意味しますから、取り除く作用のあるものを取り入れて、老眼の進行を抑制するのが大切です。

 

完全な老眼になってしまうと、近くのものが見づらくなり、仕事上でも書類が見にくくなったりしますが、そうなると仕事にも影響がでてきてしまいますからね。

 

ただ、もし老眼のサプリメントを買うとした場合は、成分も大切な選ぶ時の基準ですが、まずは実験などでその老眼のサプリメントが効果があったという証明がされているものを選ぶようにすると良いと思います。

なぜなら、アスタキンサンチンとかブルーベリーエキスとか、抗酸化作用の高い成分が入っているにもかかわらずそれほど老眼に効果がなかったというものもありますから。老眼サプリメントのランキング

また、老眼は水晶体と呼ばれる眼球の一部が活性酸素による老化によっても、硬くなり、伸縮性が落ちて、ピントが合わなくなる場合もあります。そのことを考えても、抗酸化成分を取り入れておくことは、老眼対策になると言えます。

それと、今はスマートフォンを手放せない人が増えているみたいですが、スマートフォンの画面から発せられているブルーライトは、実は活性酸素をたくさん作らせてしまいます。できる事なら、1日に見る時間は制限した方が老眼予防としても、そうした方が良いですね。

 

老眼鏡じゃく近視用のメガネにしました。サプリメントを今は実践中。

朝新聞を取りに行って、1面を見るのだがメガネを掛けないと普通の距離では読めません。つまり老眼です。

当然メガネを掛けながら見るわけですが、老眼が入っていますから焦点はあいません。母も老眼鏡を使ったらと言いますが、ふつうの老眼鏡では全く見えない事がこの近視で眼鏡を掛けた場合の面倒くささです。

 

さて、どうするかというと大きい文字の場合は、メガネをかけて読むのですが小さい文字の場合は、メガネを外してできるだけ新聞を近くに持っていき読むという作業をします。多分ド近眼でない人には不思議な光景かもしれませんね。老眼だから眼鏡を掛けるんじゃなくメガネを外すのですから…

さて、最近では便利で近視用でなおかつ老眼も対処できるメガネが売っているようです。

一度メガネ店で試したのですが、これは便利で一瞬このメガネにしようかと思ったのですが、結局近視用のメガネにしました。

理由は、運転する時に心配なためで、もともと視野が狭いうえに見えにくくなる可能性があると言われたためです。

そこで始めたのが老眼のサプリメントです。今はだいたい老眼のサプリメントを始めて1ヶ月ぐらい経過していますが、気持ち老眼が緩和されたような気がします。

老眼な老化によって目の水晶体、それにその水晶体の後部にある毛様体筋が硬くなってくることでピントが合わなくなるみたいですが、その老化が少しは抑制されているのかな?と感じます。

大阪大学 眼科学教室 脳神経感覚器外科学(眼科学)

老眼は高齢者だけのものじゃない。抗酸化作用のサプリメントもよし。

老眼と聞くとおじいちゃんやおばあちゃんなどのイメージがありますが実は老眼は40代から始まる目の老化現象なのです。

老眼とは何かというと目には水晶体というレンズがありますがピントを合わせるための大事な大切な働きをしています。

その水晶体が年齢とともに固くなって近くのものにピントを合わせることができなくなるのが老眼です

老眼の症状は近くから遠くへ、遠くから近くへと距離の違うものにピントを合わせるのに時間がかかりまた新聞の文字などがよみずらくなる症状です

老眼は治す方法がないためにそのまま老眼鏡を使わないで目を酷使していると眼精疲労がたまって頭痛や吐き気または頭が重い肩こりがひどくなる食欲不振などのさまざまな症状がでることがあるみたいです

老眼って聞くと軽く考えがちだけど甘く見ると痛い目に合うので注意したほうがいいですね

老眼鏡は使用用途により処方する眼鏡は変わってきますのでたとえばパソコン用とか運転用とか新聞用とかといった具合に使用目的に沿った、1人1人の患者さんに最適な老眼鏡を使用するのが望ましいと思います。

さらに、予防という意味から考えれば、サプリメントで日々の目の疲れ対策をしていくのも大切な事だと思います。

抗酸化作用のある成分が老眼用のサプリメントにはたくさん入っていますが、日常の食生活の中では摂りにくい部類に入る栄養もたくさんありますからね。

老眼になりサプリメントを試したいと思っている。

現在、56歳男性ですが40歳を超えたころから、近くのものが見えづらくなり、今では老眼度数も+2.50になってしまいました。

近視は両眼とも0.1なので、遠近両用のコンタクトを使用していたのですが、コンタクトの場合、近くを見るための度数はどうしてもゆるめの方が良いと説明され装着していました。

日常では、老眼の方の度数を落としているため楽なのですが、スーパー等での買い物の際、商品のパッケージに書かれている文字が読めないのです。

その為に、コンタクト(遠近両用)を装着しているにもかかわらず、老眼鏡(めがね)も持ち歩くようになっていました。

最近は、コンタクトを外して、遠近両用のメガネを使用しているのですが、コンタクトも捨てがたくいろいろ悩んでいます。

また、最近は目に良い、サプリメントも販売されていますので、サプリメントも試したいとも思っています。

いずれにしましても、年を取るごとに目の悩みは、益々多くなってきます。

物が見えずらいをスッキリすることが出来れば、もっと充実するだろうと思う毎日です。

© 2018 老眼のサプリメントの話や体験談。. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.